山響呼

カム
山響呼
「さよならが近づくとなにもかも愛しく感じるわ――」亡くなった祖母はそう言っていた。だが、それは嘘だ。離れていくと思ったら、悲しくて悔しくて嫌いになるはずだ。少女・夜子(よるこ)は祖母の魂を山に還した山響呼(やまびこ)の少年に、その思いをぶつけるのだが――!? 圧倒的感性が光る、デビュー作を含む短編5作を収録。〈収録作品〉王様と魔女/逃亡前夜/夜のおばけ/山響呼/夜店

このシリーズの書籍一覧

ログイン確認

作品の購入にはpixivにログインが必要です。ログインしますか?
また今度

エラー

サーバーでエラーが発生しました。
閉じる