[3巻] わたしと先生の幻獣診療録

火事屋
[3巻] わたしと先生の幻獣診療録
≪其処≫に≪在る≫意味、とは。時代の交差点で紡がれる、少女と先生の幻獣医療譚。 時代のうねりが、避けては通れない分岐点を指し示す──…。これは消えゆく幻獣たちと、それを救う、少女と先生の物語。

このシリーズの書籍一覧もっとみる

ログイン確認

作品の購入にはpixivにログインが必要です。ログインしますか?
また今度

エラー

サーバーでエラーが発生しました。
閉じる