水の記憶
著者 桜城やや

作品紹介

臨時で水泳部顧問となった椎名だったが過去のトラウマのためどうも親身になれない。そんなとき部員の門倉から詰め寄られ、からかい半分でキスをしかけてしまうのだが…。
続きを読む
1巻配信中
並び替え
水の記憶
著者 桜城やや
616
試し読み
購入する