ひそひそ-silent voice-

藤谷陽子
 フォローする
最初から読む

ひそひそ-silent voice-

藤谷陽子
最初から読む
 フォローする

作品紹介

ただ漫然と無気力に高校生活を送っていた光路は、ある日、木漏れ日の下で犬や猫に囲まれて眠る男の子・大地を見かける。 光路は、大地が 「もの」 や 「動物」 の声を聴く不思議な力の持ち主だとすぐに気付く。それは、光路が同じ力 ― 今は失われた ― を持っていたからだったのだが…。 

■藤谷陽子先生のTwitterはこちら!
https://twitter.com/fujitaniyoko
続きを読む

作品紹介

ただ漫然と無気力に高校生活を送っていた光路は、ある日、木漏れ日の下で犬や猫に囲まれて眠る男の子・大地を見かける。 光路は、大地が 「もの」 や 「動物」 の声を聴く不思議な力の持ち主だとすぐに気付く。それは、光路が同じ力 ― 今は失われた ― を持っていたからだったのだが…。 

■藤谷陽子先生のTwitterはこちら!
https://twitter.com/fujitaniyoko
続きを読む

ひそひそ-silent voice-

藤谷陽子
 フォローする
最初から読む

ひそひそ-silent voice-

藤谷陽子
最初から読む
 フォローする

作品紹介

ただ漫然と無気力に高校生活を送っていた光路は、ある日、木漏れ日の下で犬や猫に囲まれて眠る男の子・大地を見かける。 光路は、大地が 「もの」 や 「動物」 の声を聴く不思議な力の持ち主だとすぐに気付く。それは、光路が同じ力 ― 今は失われた ― を持っていたからだったのだが…。 

■藤谷陽子先生のTwitterはこちら!
https://twitter.com/fujitaniyoko
続きを読む