サービスロゴ

バタフライ・ストレージ

安堂維子里
 フォローする

作品紹介

人は死ぬと、その「魂」が「蝶」の形になって身体から抜け出る。
蝶が飛び立ったあと肉体はすぐに朽ち果ててしまう。

蝶にはその人の人生がデータとして記録されている。
蝶は体内を出て49日を過ぎると消失する。

死人の蝶を回収・凍結管理する国家機関「死局」では、
故人のデータと遺族を3Dホログラムで繋いだり、
膨大な人間のデータを国有のビッグデータとして運用するなどしている。

死局に勤める小野百士は、14年前、飛行機事故で家族を失った。
双子の妹・千里だけは蝶を失ってもなお身体は朽ちず、
時をとめ、意識がないまま現在も病院で生きている。
百士が覚えているのは、事故当時、何者かが千里の蝶を奪い去ったこと。
千里の蝶の手がかりを探るため、百士は死局での道を選んだ。
果たして、千里の蝶の行方とは…。

それぞれの理由で死局に集まったチームを描く、
蝶をめぐる近未来SFアクション!


公式サイトはこちら!

コミックス全4巻好評発売中!
続きを読む
エピソード
単行本
作品情報