でらしねをどり

ごうだあぶく
 フォローする
最初から読む

でらしねをどり

ごうだあぶく
最初から読む
 フォローする

作品紹介

時は、明日をも知れない戦国時代。ある寺に捨て置かれた赤子の男児がいた。“慶”と名づけられた赤子は、ただの男児のようで、しかし確実に“人成らざる”ものだった。それは人の生きる時の流れとは、別の時を生きてるかのように、著しく成長がゆっくりであったのだ。寺の外へ出て行くには未熟な身体に、ただ身が朽ちるのをこの寺で待つばかりと、生きる目的を失っていたのだが…。
続きを読む

作品紹介

時は、明日をも知れない戦国時代。ある寺に捨て置かれた赤子の男児がいた。“慶”と名づけられた赤子は、ただの男児のようで、しかし確実に“人成らざる”ものだった。それは人の生きる時の流れとは、別の時を生きてるかのように、著しく成長がゆっくりであったのだ。寺の外へ出て行くには未熟な身体に、ただ身が朽ちるのをこの寺で待つばかりと、生きる目的を失っていたのだが…。
続きを読む
第3話〜第5話は掲載期間が終了しました

でらしねをどり

ごうだあぶく
 フォローする
最初から読む

でらしねをどり

ごうだあぶく
最初から読む
 フォローする

作品紹介

時は、明日をも知れない戦国時代。ある寺に捨て置かれた赤子の男児がいた。“慶”と名づけられた赤子は、ただの男児のようで、しかし確実に“人成らざる”ものだった。それは人の生きる時の流れとは、別の時を生きてるかのように、著しく成長がゆっくりであったのだ。寺の外へ出て行くには未熟な身体に、ただ身が朽ちるのをこの寺で待つばかりと、生きる目的を失っていたのだが…。
続きを読む