pixivコミックアプリ

pixivコミック

pixivコミックの漫画が読み放題

アプリで漫画を読む

柳本光晴

響
響

とある文芸編集部の新人賞宛に送りつけられた、直筆の投稿原稿。編集部員の花井は、応募条件を満たさず、ゴミ箱に捨てられていたその原稿を偶然見つける。封を開けると、これまで出会ったことのない革新的な内容の小説であった。作者の名は、鮎喰響。連絡先は書いていない・・・

最新話を読む 2017年06月23日公開
いいね!総数 8202
登校の日

第1話

登校の日

読む
右と左

第2話

右と左

読む
意思

第3話

意思

読む
  • 6/23
役割

第6話

役割

読む

スマホアプリで「響」の更新をもれなくチェック!

pixivコミックアプリ

pixivコミックの漫画がサクサク読める

今すぐダウンロード