サービスロゴ

グッド・バイ・プロミネンス

ひの宙子
 フォローする

作品紹介

私の友達の喜多さんはちょっとした有名人。

高校3年の夏、白昼の職員室で
担任の笈川先生に告白した喜多さんの噂は、
瞬く間に学校中に広まった。

恋バナなんてしたことなかったし、
告白する時に耳を赤くすることも知らなかった。
先生のことが大好きな喜多さん。
私のことはどうだろう?
(「君、喜び多く、幸深からんことを。」)

1人の女を想い続けた男とその娘の家族未満な関係、
男も女も嫌いな女の人生を変える恋、など
名状しがたい関係を色鮮やかに描いた8編を収録した
鋭才・ひの宙子初のオムニバス短編集
『グッド・バイ・プロミネンス』好評発売中!
続きを読む
エピソード
単行本
作品情報