サービスロゴ

つらつらわらじ

オノ・ナツメ
 フォローする

作品紹介

江戸の世、武士は旅人でもあった。
  
時は寛政、江戸も半ばを過ぎた頃。「備前蜂」の紋を掲げ、岡山藩熊田家の家臣と人足たち数百人は参勤の旅に出た。藩主・熊田治隆は「寛政の改革」という幕府の緊縮財政策に批判的。治隆を目の上のたんこぶと見ている幕府老中・松平定信は熊田家の弱みを握ろうと、お庭番・九作を密偵として行列に潜り込ませる。一方、治隆は今回の旅に、秘めた思いを抱いていた。
続きを読む
エピソード
単行本
作品情報
第壱話②〜第三十七話②は掲載期間が終了しました
第壱話①
発駕
更新日: 2019年6月27日
備前少将様御到着
更新日: 2019年6月20日