サービスロゴ

彼とオバケと恋愛小説家

西田ヒガシ
 フォローする

彼とオバケと恋愛小説家

西田ヒガシ
 フォローする

作品紹介

孤独と静寂を好む小説家の川上幸夫は、読者の求める『可愛い恋』が思い浮かばず夜の墓地を歩いていたところ、オバケに取り憑かれてしまう。

配達員の前田順は川上に取り憑いたオバケを見てしまうが関係ないと黙っていることに。

取り憑かれていると知らない川上は再び夜の散歩へ。
そこで暗闇のなか、ひとり踊る女性の姿に目を奪われてしまう。
しかし女性には秘密があり──。
続きを読む
6,162

作品紹介

孤独と静寂を好む小説家の川上幸夫は、読者の求める『可愛い恋』が思い浮かばず夜の墓地を歩いていたところ、オバケに取り憑かれてしまう。

配達員の前田順は川上に取り憑いたオバケを見てしまうが関係ないと黙っていることに。

取り憑かれていると知らない川上は再び夜の散歩へ。
そこで暗闇のなか、ひとり踊る女性の姿に目を奪われてしまう。
しかし女性には秘密があり──。
続きを読む
6,162

彼とオバケと恋愛小説家

西田ヒガシ
 フォローする

彼とオバケと恋愛小説家

西田ヒガシ
 フォローする

作品紹介

孤独と静寂を好む小説家の川上幸夫は、読者の求める『可愛い恋』が思い浮かばず夜の墓地を歩いていたところ、オバケに取り憑かれてしまう。

配達員の前田順は川上に取り憑いたオバケを見てしまうが関係ないと黙っていることに。

取り憑かれていると知らない川上は再び夜の散歩へ。
そこで暗闇のなか、ひとり踊る女性の姿に目を奪われてしまう。
しかし女性には秘密があり──。
続きを読む
6,162