束の間の一花

タダノなつ
 フォローする
最初から読む

束の間の一花

タダノなつ
最初から読む
 フォローする

作品紹介

―――――――――――――――
先生は、私の生きる希望でした―。
―――――――――――――――

千田原一花は、高校2年の春に医師から余命2年の宣告を受けていた。
それから3年、大学2年になった一花はいつ終わりを迎えるかわからない日々を過ごしている。

そんなある日、彼女は偶然、大学を辞めた元哲学講師・萬木昭文と再会する。
想いを寄せていた萬木先生に出会えたことで一花の気持ちは、ふたたび燃え上がるが――。

はかない生を歩む一花と、静かに消えていこうとする男の、束の間の恋の物語。
続きを読む

作品紹介

―――――――――――――――
先生は、私の生きる希望でした―。
―――――――――――――――

千田原一花は、高校2年の春に医師から余命2年の宣告を受けていた。
それから3年、大学2年になった一花はいつ終わりを迎えるかわからない日々を過ごしている。

そんなある日、彼女は偶然、大学を辞めた元哲学講師・萬木昭文と再会する。
想いを寄せていた萬木先生に出会えたことで一花の気持ちは、ふたたび燃え上がるが――。

はかない生を歩む一花と、静かに消えていこうとする男の、束の間の恋の物語。
続きを読む

束の間の一花

タダノなつ
 フォローする
最初から読む

束の間の一花

タダノなつ
最初から読む
 フォローする

作品紹介

―――――――――――――――
先生は、私の生きる希望でした―。
―――――――――――――――

千田原一花は、高校2年の春に医師から余命2年の宣告を受けていた。
それから3年、大学2年になった一花はいつ終わりを迎えるかわからない日々を過ごしている。

そんなある日、彼女は偶然、大学を辞めた元哲学講師・萬木昭文と再会する。
想いを寄せていた萬木先生に出会えたことで一花の気持ちは、ふたたび燃え上がるが――。

はかない生を歩む一花と、静かに消えていこうとする男の、束の間の恋の物語。
続きを読む