漫画家の明石先生は実は妖怪でした。

漫画:佑羽 栞 著者:霜月りつ キャラクター原案:新井テル子
 フォローする

作品紹介

大学生の篠崎瑛太は真っ当過ぎる性格が災いし、バイトが長続きしない。そんなある日、瑛太は漫画アシスタントのバイトを紹介される。だが雇い主の漫画家・明石妖介はゴミの中で暮らしていた。しかもその仕事場にはこの世ならぬ不可思議な生き物が湧き出てくる。驚く瑛太だが、明石は平然と「あれは雑鬼ですよ」と告げてくる。それもそのはず、実は明石もその同類で――。正義漢過ぎる大学生と世間知らずの妖怪漫画家のほっこりストーリー!

▽pixivノベルで原作小説を試し読み!
SKYHIGH文庫「漫画家の明石先生は実は妖怪でした。」(著者:霜月りつ イラスト:新井テル子)
https://novel.pixiv.net/works/1115
続きを読む
エピソード
単行本
作品情報